So-net無料ブログ作成

ゼロ・グラビティ [映画]

ゼロ・グラビティ(原題:GRAVITY)」を観てきました。



そして、初めてIMAXの3Dで観ました。
レディースデイやその他なんの割引も効きませんし、2,200円[exclamation])と少々お高いですが、この映画はぜひこれで観て頂きたいです[exclamation×2]
本当にすごいです。
もう、映画というかアトラクションです。
もちろん宇宙に行った事はありませんのでわかりませんが(笑)、ものすごい臨場感ですので体調の悪い方は3Dでご覧にならないほうが賢明かもしれません・・・。
私は高所恐怖症なので、最初のうち宇宙から見下ろす地球が怖くて怖くて(^^;)
すぐに映画に夢中になって忘れちゃいましたけど(^m^)

ストーリーは、宇宙で思わぬ事故に遭遇した主人公が生き延びて地球へ帰る事ができるのか[exclamation&question]という単純なもの。

飲み物を飲むのも忘れ、息をとめ、ハンカチをにぎり手汗をぬぐいながら楽しみました。
主演のサンドラ・ブロックもジョージ・クルーニーも素晴らしかったです。

ストーリー中盤のジョージ・クルーニーの笑顔がもうたまらないのです。
なんなのでしょう?彼がいればもう大丈夫!!的な安心感・・・惚れ直しました[黒ハート]
けっして登場シーンは長くありませんが、存在感ぱねぇ[exclamation×2]です(笑)。

サンドラ・ブロックも鍛え抜かれたすばらしいプロポーションで美しかったです[ぴかぴか(新しい)]
劇中で主人公ライアン博士が「It's a peace of cake.」と自分を励ますシーンがありした。
この言葉、「宇宙兄弟」というコミックでも重要な言葉として登場していましたが(偶然にもどちらも宇宙を主題にしているお話ですね)困難な状況の中でも諦めずに「楽勝だよ」と自分を励まし先に進める人になりたいと思いました。

そうそう、何かのインタビューで「本当に宇宙に行ったら何がしたいですか?」という問いにサンドラ・ブロックは「宇宙になんて絶対に行かないわ」と答えていました。
私も同感です(笑)。

今年最後に、今年いちばんだと思っていた「アンコール!!(原題:SONG FOR MARION)」を抜きました。
でも「アンコール!!」もすごく良かったんですよー。
さっそくDVDも予約しちゃいました[わーい(嬉しい顔)]


さいごに・・・

Aningaaq(アニンガ)

Twitterで知りましたが、この映画の監督アルフォンソ・キュアロンの息子、ジョナス・キュアロンが監督した外伝だそうです。
観た人にしかわからないです[あせあせ(飛び散る汗)]
でも、そうだったのかー、と納得しました(笑)。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。