So-net無料ブログ作成

テンペスト [演劇]

テンペストを観に赤坂ACTシアターへ行ってきました[exclamation]

110225_184648.jpg

衣装・舞台美術がとーってもステキでした[黒ハート]
ところどころ、映像を使用した演出も面白かったです。
そしてやっぱり、なんといっても仲間由紀恵さん・山本耕史さん・生瀬勝久さん、すばらしかったですー。
そうそう、山本耕史さんが歌があんなに上手だとは知りませんでした!!

・・・ただ、原作が長いんです!
3時間ちょっとのお芝居に無理やり詰め込んで、急ぎ足でお話をなぞった感が・・・。
せっかく面白くなってきたのにブチッと切れて野際陽子さんのナレーションが入って(そこは豪華!)次のシーン、みたいなところが結構ありました。

そして!
一番残念だったのが!!!
踊りのシーン・・・注意深く歌詞を聞かなくても話はわかりますし(うちなーぐちはわかりませんしね)、大音量なので聞こえないと思っているかもしれませんが・・・
隣の人との話し声は結構聞こえてるんですよ[むかっ(怒り)]
人の話し声って気になるものです[ちっ(怒った顔)]
本当にいい年をされた方のすることだとは思えません。
そのせいで、このお芝居の印象も悪くなるのに!
ファンならそのへんも考えて行動するべきです[どんっ(衝撃)]
どうしてもお話しながら観たいなら家でDVDでも観てください[パンチ]


・・・って。
感想よりも怒りがおさまらず・・・[もうやだ~(悲しい顔)]
隣に1人挟んでなかったら絶対に一言言ってやりたかった・・・。

はーあ。
ま、いっか。
「テンペスト」はNHKのBSプレミアムで放送Start!(仲間さん主演)だそうなので、今度はそちらに期待です[るんるん]

haisai.jpg
そらちゃん琉装で女装中(笑)
・・・まちがった・・・「はいさい」じゃなくて「はいたい」でした[あせあせ(飛び散る汗)]


テンペスト 第一巻 春雷 (角川文庫)

テンペスト 第一巻 春雷 (角川文庫)

  • 作者: 池上 永一
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/08/25
  • メディア: 文庫

テンペスト 第二巻 夏雲 (角川文庫)
テンペスト 第三巻 秋雨 (角川文庫)
テンペスト 第四巻 冬虹 (角川文庫)


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 6

ジェミー

「テンペスト」長いよね~・・ほんと・・。原作読みましたが・・琉球歌の部分はすっとばしてよみました・・・汗汗
キャストで気になるのが 「モウシ」??みたいな名前の悪役いたでしょ??
あれは誰が演じてるんでしょ?けっこう原作では最後悲惨でむしろ彼女に同情しちゃったんだけど・・・私。
関東に住んでるとこうゆうのがすぐ見にいけちゃうのがいいですね。私の関東生活はとにかく子育てまっただなかだったから 舞台とかミュージカルとか全然いけなかったのが残念です・・・

by ジェミー (2011-02-27 23:12) 

ほたて

お~!観にいかれたのですね。
演出がすごくて、場面展開が見ものという前評判を聞いて、少し気になってました。
仲間由紀恵さんの本場の琉球舞踊も気になってました。
BSでするんですね~。
舞台は、すでに遅しっぽいので、BSをぜひぜひみます!
それにしも、kabakoさん・・・いろいろとフットワークが軽いですね~。
ブログで紹介されているところ、どれも興味深々です。
by ほたて (2011-02-28 04:42) 

まぁこ

山本耕史さん、歌お上手ですよね~
私も始めて彼主演のミュージカル見たとき思いました
プロフィール見たら「レ・ミゼ」初演でガブローシュやってました
納得納得、。すごい芸歴だわ。

長い原作をぎゅぎゅっとまとめるのは、なかなか至難の業ですよね
映画でも「おーよくまとめたなぁ」って感心するのは少ないですよね
ましてや制限のある舞台だとなおさらですよねー

上演中のおしゃべりは絶対やっちゃいけませんよねっ!!
そういう声って気になるし、たとえ小さい声でも耳障りですもんねぇ
美輪明宏さんの舞台は咳さえ禁止だったので
逆に緊張したこともありましたが^^;
でも役者はそれだけ集中して芝居してるってことですから
こちらもそれくらい緊張感をもたないとライブ感が楽しめないかと。。
それが嫌なら舞台は見んなーって思います!

っと言いながら私は舞台を観ながら居眠りすること多々です^^;;
(緊張感のかけらなし)


by まぁこ (2011-02-28 10:58) 

kabako

ジェミーさん

私は舞台を観てから原作を読もうと買ってはあるんですが・・・
でも、長いので、このお休み中も手が出ませんでした(^^;)
積読が増えてゆくばかりで・・・。

真牛(モウシ)・聞得大君(きこえおおぎみ)役は生瀬さんでした!
最初はあれ?この役女性だよね?男性なの?って分かりませんでした(笑)。
私も最後はモウシがかわいそうで・・・。
前半はとてもコミカルな演技だっただけに後半が引き立つというか・・・、余計に「あはれ」に感じました(;;)

ずっとこっちなので気が付きませんでしたが、東京って確かにほとんどの公演ありますよね。
確かに!!
あ、でもでも、チケットの競争率はめちゃ高いのです・・・。

by kabako (2011-02-28 13:13) 

kabako

ほたてさん

そうそう!BSでゆっくりご覧になったほうが良いです(笑)。
おしゃべりオバさん達もいないことですし。

私、けっこう「プチ引き篭り」なんですよー。
無理やり予定を作らないと家から出ないのでがんばっています。
・・・でも、外出してもやることはINDOORですね(ーー;)

もし良かったら今度、お芝居とかミュージカルとかご一緒しましょう♪

あ、そうそう!!
今日BShiのワイルドライフは「したたかな隣人 スズメ・ツバメ」ですって!
面白そうですねー。
by kabako (2011-02-28 13:19) 

kabako

まぁこさん

山本耕史さんミュージカル・・・観てみたいかも!
ズラ役多いな~位しか思っていたのですが(すいません)、実物見たらすてきでした~(笑)!!
今度、ミュージカルあったら絶対行こう、と思ってます。

それにしても美輪明宏さんの舞台はすごいですね。
確かに逆に緊張してしまいそう(笑)。
でも、ハッキリそう言ってくれたほうがいいです!
できない人は来れないですもん。
人って音楽聴いていても話し声に集中しちゃうものなんですよねー、きっと。

居眠りしちゃう気持ち分かります。
快適温度で暗いですもんね(笑)。

by kabako (2011-02-28 13:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。